平成30年は明治維新150周年です。

かごしま明治維新博PR大使 桜庭ななみ

かごしま明治維新博PR大使
桜庭ななみさん

  • face book
  • youtube
  • twitter
  • instagram
平成30年は明治維新150周年です。
かごしま明治維新博PR大使 桜庭ななみ

かごしま明治維新博PR大使
桜庭ななみさん

月別のお知らせ

かのや明治維新150周年記念事業【第2弾】創作市民歌舞劇「西郷どんと大久保どん」

開催日 2018/12/02
タイトル かのや明治維新150周年記念事業【第2弾】創作市民歌舞劇「西郷どんと大久保どん」
開催場所 鹿屋市文化会館(鹿屋市北田町11107)
開催時間 【1回目】12時30分開場・13時開演、【2回目】17時30分開場、18時開演
かごしま明治維新博イベント  公募によるキャストに加えて、市内にある文化団体、郷土芸能、若者芸能がちりばめられた“ミュージカルのまち鹿屋”にふさわしい創作市民歌舞劇「西郷どんと大久保どん」を公演します。
 明治維新前後の史実を踏まえつつ、二人の友情について新たな視点の創作も加え、150年前の日本の若者像を描きます。
 当時の若者が、いかに「自分で歩き、自分で見て、自分で考える」生き方をしていたか、その価値観や人生観が伝わるような作品とし、薩摩の先人たちの新しい事に積極果敢に取り組む、「進取の気概」を呼び起こし、観る者がこの大隅の地に生きる自信と誇りに繋がるような歌舞劇です。
イベント分類 学ぶ、見る
概要  西郷隆盛と大久保利通。郷土を代表する偉人として、私たちが認識している二人だが、力を合わせ薩摩藩を切り盛りし明治維新のきっかけを作ったにも関わらず、最後は相対する立場となった。
 しかしその歴史の裏側には、二人しか知ることのない“密約”があった。涙を呑んで、二人が敵味方を演じたその目的は。
 最後のサムライ西郷隆盛が、友・大久保利通に託した日本の未来とは。私利私欲を捨て、国のため、未来を生きる者たちのために。あの時代を駆け抜けた、郷土の先人たちの想いを描く新作舞台。

問い合わせ先 鹿屋市教育委員会生涯学習課
問い合わせ先電話番号 0994-31-1138
入場料・参加料 無料
屋内・屋外 屋内
ウェブサイト http://www.e-kanoya.net/htmbox/syakai_kyouiku/meiji150.html
備考  

 

歴史よもやま話「島津義弘公没後400年を迎える」

開催日 2018/12/13
タイトル 歴史よもやま話「島津義弘公没後400年を迎える」
開催場所 市福祉プラザ 4階会議室
開催時間 10時~12時00分
鹿児島県の自然・歴史・文化・食などの魅力を掘り起こすNPO法人かごしま新発見伝塾による歴史講座。
今回は「大山巌と東郷平八郎」をテーマに、今井理事長がお話しします。
イベント分類 学ぶ、聞く
概要 鹿児島県の自然・歴史・文化・食などの魅力を掘り起こすNPO法人かごしま新発見伝塾による歴史講座。
今回は「島津義弘公没後400年を迎える」をテーマに、今井理事長がお話しします。
問い合わせ先 NPO法人かごしま新発見伝塾
問い合わせ先電話番号 090-2966-2119
入場料・参加料 200円(資料代含む)
屋内・屋外  屋外
ウェブサイト http://kagoshima-shinhakken.net/category/seminar/
備考 要事前予約、先着26名

 

いいとこバス広域周遊 伊集院発着 幕末ゆかりの地“薩摩の西へGO(郷)!”日帰りツアー

開催日 2018/12/15
タイトル いいとこバス広域周遊 伊集院発着 幕末ゆかりの地“薩摩の西へGO(郷)!”日帰りツアー
開催場所 集合場所:JR伊集院駅南口(いちき串木野市、薩摩川内市)
開催時間 9時~17時

 

薩摩スチューデントや西郷さんなど、幕末のゆかりの地をたずねて、薩摩の西部(いちき串木野市、薩摩川内市)をめぐってみませんか。
伊集院発着の日帰りバスツアーは、地元ガイドや現地スタッフの案内付きです。

定員20名です。※最少催行人数5名
12/15(土)「いちき串木野~薩摩川内コース」

イベント分類 学ぶ、見る、聞く
概要 ◆予約受付開始日 10月27日(土) 9時より
◆定員20名 ※最少催行人数5名
◆昼食付き
◆コース内容
 薩摩藩英国留学生記念館、西郷さんのあしあと(萬福池)、川内とれたて市場、
 川内高城温泉街、藤川天神、食彩の里いちきくしきの、羽島ごはん処 たもいや
問い合わせ先 NPO法人鹿児島いちき串木野観光物産センター
問い合わせ先電話番号

0996-32-5256(いちき串木野市観光案内所)

入場料・参加料 中学生以上3,000円 小学生2,800円 ※事前申し込みが必要です
屋内・屋外 屋外
ウェブサイト  
備考  幕末ゆかりの地ツアーチラシ