平成30年は明治維新150周年です。

かごしま明治維新博PR大使 桜庭ななみ

かごしま明治維新博PR大使
桜庭ななみさん

  • face book
  • youtube
  • twitter
  • instagram
平成30年は明治維新150周年です。
かごしま明治維新博PR大使 桜庭ななみ

かごしま明治維新博PR大使
桜庭ななみさん

長期イベント

あいらびゅー号運行委託事業(西郷ゆかりのコース設定)

開催日 2018/01/20〜2019/03/25の各日程
開催場所 帖佐駅・鹿児島中央駅 発着
かごしま明治維新博イベント 姶良市内を周遊観光バス「あいらびゅー号」に、明治維新150年・大河ドラマ放送にあわせて、期間限定「『西郷どん 大河ドラマ館』と姶良市内西郷さんゆかりの地めぐり」コースが誕生!!
 大河ドラマ館見学後、姶良市内の西郷ゆかりの地を見学しながら、物産館での買物、特製ランチもいただけます。
概要

毎年、姶良市周遊観光バスとして取り組んでいる「あいらびゅー号」のコースに姶良市の西郷ゆかりの地や明治維新に係るゆかりの地をめぐりながら観光できる「西郷ゆかりのコース」を設ける。

【日程】

平成30年1月20日(土)・21日(日)・27日(土)
 2月4日(日)・10日(土)・11日(日)・18日(日)・24日(土)
 3月10日(土)・11日(日)・18日(日)・24日(土)・25日(日)

8:15 帖佐駅発
9:15 鹿児島中央駅発 
⇒ 西郷どん 大河ドラマ館 ⇒鹿児島市内西郷隆盛銅像や西郷隆盛蘇生の家 ⇒ くすくす館 ⇒ カフェらびゅー(昼食) ⇒ 蒲生郷散策 ⇒ 蒲生の私学校分校跡 ⇒ 龍門司坂 ⇒ 白金酒造 
16:00 帖佐駅着
17:00 鹿児島中央駅着

問い合わせ先 姶良市商工観光課
(委託先 ㈱JTB九州)
問い合わせ先電話番号 ㈱JTB九州 鹿児島支店
電話:099-226-1515                
FAX:099-224-4456
入場料・参加料  大人 3,800 円・こども 2,000円 
大河ドラマ館入場チケット・特製弁当付き
屋内・屋外  屋外
ウェブサイト  aira-view.com
備考  詳しくは、ホームページまたはお電話でお問い合わせください。

 

劇団☆維新ふるさとによる「幕末明治維新劇」

開催日 2018/05/20~2019/01/20までの毎月第3日曜日
開催場所 歴史ロード”維新ふるさとの道”
鹿児島市加治屋町の歴史ロード“維新ふるさとの道”にある武家屋敷にて、劇団☆維新ふるさとによる明治維新を題材にしたお芝居を、平成30年5月~平成31年1月の期間、月に1度上演いたします。
概要

鹿児島市加治屋町の歴史ロード“維新ふるさとの道”にある武家屋敷にて、明治維新を題材にしたお芝居を上演。

問い合わせ先 鹿児島市明治維新150年・西郷どん推進室
問い合わせ先電話番号 099‐803‐8671
入場料・参加料 無料
屋内・屋外  屋内・屋外
ウェブサイト http://www.meijiishin150countdown.com/topics/4617/
備考  開催時間:10時30分~、12時00分~、13時30分~、15時00分~(1日4回公演)

明治維新と霧島~お金から見る明治維新~

開催日 2018/10/16~2018/12/24
開催場所 霧島市立国分郷土館(霧島市国分上小川3819)
 

明治維新を「金」という視点から捉えなおす企画展です。
「金」と絡めると、明治維新と霧島の関係性が浮かび上がってきました。
調所広郷や桂久武に関する展示などがございます。
ちょっと変わった視点からの明治維新をご覧ください。

概要

 ◆開館時間
  9時~17時
 (休館日)
  月曜日、月曜が祝日の場合はその翌日。

◆展示内容                
 「明治維新と霧島」~お金から見る明治維新~
 【プロローグ】金(かね)がかかるよ明治維新
   明治維新を薩摩藩が成し遂げるには、政治力だけではなく、資金力も必要でした。
   薩摩藩がどのようなものにお金を使っていたのかをご紹介します。
 【 第一章 】金(きん)が採れた山ケ野金山
   横川に位置する山ケ野金山からは豊富な金が取れました。
   薩摩藩財政に大きな影響力を与え、近代化にも関わる金山についてご紹介します。
 【 第二章 】金(かね)を返した調所広郷
   薩摩藩の財政を立て直し、幕末薩摩藩活躍の基礎を築いた調所広郷。
   その偉業と共に、調所家に伝わる様々なお宝をご紹介します。
 【 第三章 】金(かね)を造った国分の銅
   薩摩藩は、必要なお金を調達するために偽金づくりを行っていました。
   霧島との関係もご紹介します。
 【 第四章 】金(かね)を見通す桂武久
   薩摩藩家老として明治維新の陰で桂武久。
   これまで知られてこなかった霧島での開拓など、経済への先見性があった桂武久をご
  紹介します。
 【エピローグ】金(かね)より休暇な西郷どん 
   明治維新後、西郷隆盛は日当山温泉など霧島の地にて休暇を満喫します。
   霧島での西郷の生活ぶりをご紹介します。

問い合わせ先 霧島市立国分郷土館
問い合わせ先電話番号 0995-46-1562
入場料・参加料 入館料 小学生~高校生 70円 大人 130円 
屋内・屋外 屋内
ウェブサイト  
備考  

明治維新150周年とさつま町の教育(後編)

開催日 2018/10/23~2019/3/31
開催場所 さつま町宮之城歴史資料センター(薩摩郡さつま町虎居5228番地)
 

今回の企画展では、明治5年以降の盈進校の歴史と後の自由民権運動との関わりについて展示します。

概要

◆開館時間
 9時~17時
(休館日)
 月曜日、月曜が休館の場合は翌日。年末年始(12月28日~1月3日)

◆展示内容                
 「西南戦争後の宮之城と盈進館」
 ・宮之城の殖産興業
 ・大江義塾との交流
 ・盈進館年表
 ・盈進校で学んだ郷土の偉人
 ・さつま町での自由民権運動
 ・盈進館教員と九州改進党
 ・第一回衆議院選挙の様子
 ・島津久治の事績(肖像画など)

問い合わせ先 さつま町社会教育課文化係
問い合わせ先電話番号 0996-53-1732
入場料・参加料 無料
屋内・屋外 屋内
ウェブサイト  
備考  

種子島「未来につなげる 明治の精神・歴史・文化」~明治期の種子島へ移住した人々の歴史と文化~

開催日 2018/12/10~2019/02/23
開催場所 種子島開発総合センター「鉄砲館」
 

 種子島は移住者を多数受け入れている島であり、移住天国の島といえる。
 歴史は明治期に始まり、移住の背景・経緯・歴史、移住した人々が島民に与えた影響や、もたらした文化がいかに融合し、今日の豊かな種子島の文化が形成されていったかを考察し、移住の歴史を後世に伝え遺し交流を深める契機とする。

概要

◆開催時間 8時30分~17時
◆明治期の種子島への移住の歴史、背景、移住者がもたらした文化、島民に与えた影響等を考察、紹介するパネル展
◆移住地域、移住記念碑等の情報を盛り込んだ冊子の作成

問い合わせ先 西之表市教育委員会
問い合わせ先電話番号 0997-23-0339
入場料・参加料 無料
屋内・屋外 屋内
ウェブサイト  
備考  

三州同盟会議 島津義弘パネル展&講演会

開催日 2019/01/19〜2019/03/10
開催場所 鹿児島県日置市、姶良市,湧水町,宮崎県えびの市 の各会場
かごしま明治維新博イベント

⼤河ドラマ「⻄郷どん」にも登場する島津⻫彬の祖先、島津義弘公の
没後400年を記念し、プレイベントとして平成31年1⽉〜3⽉にパネル
展と講演会を⾏います。
パネル展、講演会いづれも⼊場無料です。

概要

明治維新の主役である、⻄郷隆盛や⼤久保利通らが学んだ郷中教育を⽣み出した島津義弘公の没後400年を記念し、平成31年度に記念事業を⾏います。
そのプレイベントとして、平成31年1⽉〜3⽉に講演会とパネル展を⾏います。

◆えびの市
  パネル展︓2019/01/19(⼟)〜01/27(⽇)
  講演会 ︓2019/01/26(⼟)pm  ※講演会の詳細は未定。決まり次第情報を更新します。

◆湧⽔町
  パネル展︓2019/02/02(⼟)〜02/10(⽇)
  講演会 ︓2019/02/16(⼟)pm  ※講演会の詳細は未定。決まり次第情報を更新します。

◆⽇置市
  パネル展︓2019/02/16(⼟)〜02/24(⽇)
  講演会 ︓2019/02/24(⽇)pm  ※講演会の詳細は未定。決まり次第情報を更新します。

◆姶良市
  パネル展︓2019/03/02(⼟)〜03/10(⽇)
  講演会 ︓2019/03/09(⼟)pm  ※講演会の詳細は未定。決まり次第情報を更新します。

問い合わせ先 三州同盟会議 事務局(鹿児島県姶良市)
問い合わせ先電話番号 0995-66-3145
入場料・参加料  無料
屋内・屋外  
ウェブサイト  
備考  詳細は、決まり次第随時更新予定。