平成30年は明治維新150周年です。

かごしま明治維新博PR大使 桜庭ななみ

かごしま明治維新博PR大使
桜庭ななみさん

  • face book
  • youtube
  • twitter
  • instagram
平成30年は明治維新150周年です。
かごしま明治維新博PR大使 桜庭ななみ

かごしま明治維新博PR大使
桜庭ななみさん

意外と知られていない県内各地の幕末・明治維新こぼれ話(その6)

第6回しっちょいどん 隼人町史談会長 有川和秀さん

島津斉彬、山ヶ野金山の足跡「不諼(ふけん)石」

山ヶ野金山内とされる湧水町國見岳(648m)頂上からは、四方を見渡せ、遠く桜島も眺望できます。ここに「不諼石」と記す自然石があります。
 斉彬は東目巡見で山ヶ野金山に来山し、國見岳登りをされました。周三里にも及ぶ山ヶ野金山の全山容を眺められたことでしょう。それを記念してこの「不諼石」は建てられたものと言われています。

「不諼」は「ワスレナイ」との意味で、山ヶ野金山には次のような伝承があります。

國見岳登りの際には、斉彬の乗った籠を金山の人達が担ぎました。斉彬は登り坂の途中、わざと籠を揺らし担ぎ手を困らせ、「殿さあが、わやくしいやっでこらのさん。(殿様が冗談をされるので、これはたまらん。)」と言うと、「もうせんないもうせんない。(もうしない、もうしない。)」と言いながらまた繰り返し、金山の人々と談笑を交わしたといいます。不諼石建立の陰には藩主と金山の人々との親密なひと時があったのでしょう。山ヶ野には史料「國見獄御埜建諸入目之留」が残っており、それによると二か月前から公の来山や国見の準備が進められました。

嘉永6年の東目巡行では山ヶ野金山に2泊し、「採鉱ノ法御指揮アリ」とあるように、現場に赴き具体的な指導までされ、金山金掘歌も作り残されています。

「不諼石」は、島津斉彬の近代化への強い志と藩主としての人となりを想い起こさせてくれます。


    <國見岳に建立された「不諼石」>